斉藤麻衣インタビュー

ー『ネズラ1964』についてー

 当時のテストフィルムはもう残ってないんですよね?
『ネズラ1964』に出演するにあたって、本当は当時の映像を観たかったところですが、代わりに同時期に撮られた『風速七十五米』や『透明人間と蝿男』などの大映特撮のDVDを観て勉強しました。
 大映特撮映画を観て思ったことは、俳優のメイクや服装は思った以上に西洋色がつよく、現代に近い感覚だったことです。
今回、撮影前にメイクやヘアスタイルについて横川監督とお話する際に、「オードリー・ヘプバーン風で」と仰っていたので、やっぱり同じ印象なんだなと感じました。
私の出演シーンは「白黒」なので、より当時の雰囲気を感じとってもらえるように演じました。

ー過去の映画出演での思い出ー

 『千年の恋 ひかる源氏物語』に出演した時は、太秦の撮影所で、私と天海祐希さんで燃えさかる部屋の中に入り、怯えながら演じた経験があります。

 ウルトラシリーズでは、実際に海の中に潜ったり、ワイヤーで吊られてみたり…いっぱい思い出がありますね。

 

『ネズラ1964』の撮影では、大きなグリーンバックで演じたのですが、小学生の時からそんな環境にいたので、懐かしくて、凄くしっくりきました。

 

久々の映画出演ですので、ぜひ楽しみにしてください!

斉藤 麻衣 (さいとう まい)

愛知県西尾市出身。 デビュー作である映画『ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ&ウルトラマンガイア 超時空の大決戦』でのヒロイン・七瀬リサ役(1999年)以降、多くのウルトラシリーズに出演。 また『仮面ライダー555』では木村沙耶役を演じ人気を博した。 現在はナレーション音声を中心にナレーター・声優として活動している。

 

代表作:『ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ&ウルトラマンガイア 超時空の大決戦』『千年の恋 ひかる源氏物語』『ウルトラマンコスモス2 THE BLUE PLANET』