​大迫一平インタビュー

ー『ネズラ1964』についてー

 小さいころモルモットを飼っていたこともあり、ネズミが大好きです。
渋谷とかにいるネズミは、みんな怖がるじゃないですか。それが不思議に思えます。
なのでネズラのスチル写真を見ると可愛らしいなという印象を受けました。
ただ巨大なマンモスネズラは少し気持ち悪いかな...

ー昨今の映画制作の中止や延期についてー

 大変な世の中ですよね...
大好きな『007』の新作も延期してしまいましたし...
今の状況では映画は必要ないものと思われがちです。
平和な世の中じゃないとエンターテイメントって成り立たないのかなと感じます。
だとしても、僕たちは表現することを続けていかなければいけないのかなと思います。
『大群獣ネズラ』も別の理由ですが困難な製作状況でした。
状況は違いますが、あきらめずに表現し続けたということは近いかもしれません。
『ネズラ1964』は僕も楽しみにしています!

大迫 一平 (おおさこ いっぺい)

ナガノ社長の息子シゲオを演じる。

神奈川県出身。
舞台にて数々の主演公演を務め、映画やドラマなどにも幅広く活躍。
『図書館戦争』より佐藤信介監督作品に頻繁に出演する。

​代表作:『デスノート Light up the NEW world』『シン・ゴジラ』『アイアムアヒーロー』『大仏廻国 The Great Buddha Arrival』